最近は日本文化がたくさん海外に知らされるようになりました。

留学したら伝えたい日本文化
留学したら伝えたい日本文化

最近は日本文化がたくさん海外に知らされるようになりました / 41歳 女性

最近は日本文化がたくさん海外に知らされるようになりました。
留学したらその国の人に伝えたい日本文化は、華道や茶道、書道といった芸術です。

若い頃はそれらの芸術に対してあまり興味がなかったのですが、大人になってから華道や茶道、書道に触れる機会があり、また自分が習い始めたことにより、それが本当に美しい文化だと気づきました。
華道も茶道も書道も、心を無にして行うことができ、精神統一やリラックスにとても役立つことを知ったのです。

華道はとても美しい花の活け方であり、わたしの活けた花を見て外国の方からよく褒められました。

また、茶道や書道も海外の方から見ると、とても日本的で喜ばれます。
留学したなら、これらの日本文化をぜひ海外の人に知ってもらいたいと思うので、もっとその道を極めたいという気持ちでいっぱいです。

また、最近サッカーのワールドカップでも日本人のサポーターがゴミ拾いをしていたことが海外のメディアで取り上げられていますが、そのような日本人のきれい好きな文化も同時に広めていけたらと思っています。

日本国内でも、たくさんの外国人と出会うチャンスはたくさんあります / 36歳 女性

日本国内でも、たくさんの外国人と出会うチャンスはたくさんあります。
けれども、本当の意味で異文化に触れ、異文化コミュニケーションをしたい場合は、やはり留学がおススメです。

留学したら、ぜひ日本文化を伝えてください。異文化コミュニケーションとは、相手の文化を知ることだけでなく、自分の国の文化も相手に知ってもらうことです。
そのためには、留学する時に日本文化の紹介に役立つアイテムを持参してほしいのです。

例えば、キレイな和紙はいかがでしょうか。和紙は見ているだけでもキレイですが、折り紙にすることもできます。折り紙は英語でもorigamiといって、日本文化の代表的なものと認識されています。簡単で見た目もキレイなもので、折り方をいくつか覚えて相手の前で折るといいでしょう。折り紙そのものだけでなく、目の前でキレイに形作ることで、日本人のきめ細かく繊細な、ものに対する思いやりの気持ちを伝えることができると思います。

Copyright (C)2017留学したら伝えたい日本文化.All rights reserved.