留学したら伝えたい日本の文化は、食事をするときに手を合わせ「いただきます」、食べ終えた後は「ごちそうさま」という挨拶です。

留学したら伝えたい日本文化
留学したら伝えたい日本文化

留学したら伝えたい日本の文化は / 56歳 女性

留学したら伝えたい日本の文化は、食事をするときに手を合わせ「いただきます」、食べ終えた後は「ごちそうさま」という挨拶です。

「ごめんなさい」を「すみません」と言ってしまう日本人に関しては思うところありですが、この食事のあいさつは素晴らしいと思うのです。
感謝の気持ちがあふれている言葉だからです。

「ただいま」に対して「おかえりなさい」と返す日本の文化。「いってらっしゃい」や「いってまいります」というやりとりにも、相手を思いやる気持ちが感じられます。「いただきます」と言うことで、その作物を作ってくれた人々やこの料理を作ってくれた人への感謝も感じること、伝えることができるというのは、素敵なことです。

感謝を日々、その都度感じ、表現できる国に生まれたことを誇りに思うとともに、海外に留学したらそのことを伝えたいと思います。と同時に、留学しなくても、日々暮らす中で、これらの言葉を大切にしたいと思います。子どもたちにも大いに伝えていきたい日本の文化です。

Copyright (C)2017留学したら伝えたい日本文化.All rights reserved.