学生時代、短期留学で一般家庭にホームステイさせてもらったのは、もうずいぶん昔のことになります。

留学したら伝えたい日本文化
留学したら伝えたい日本文化

学生時代、短期留学で一般家庭にホームステイさせてもらったのは / 48歳 女性

学生時代、短期留学で一般家庭にホームステイさせてもらったのは、もうずいぶん昔のことになります。
当時はまだ、今ほど日本の情報が海外に知られていなかったので、日本での生活や歴史などについて、あちらこちらで色々聞かれました。
「日本人はあんなに沢山ある漢字をどうやって覚えるの?」とか、「私が日本人だったら、外国人と結婚できるかしら?」とか、「日本人は神道と仏教と、どちらを信仰するか選べるの?」とか聞かれ、時々、歴史なども聞かれて、自分の無知さを悲しく思ったりしました。

なかでも、日本人に肥満の人が少なく長寿なのでどんなものを食べているのか、ということにとても興味があるようでした。

アメリカ人と一緒に生活して感じたことは、彼らは食べ物を沢山用意したり店で注文したりして、それを大量に残すことに、罪悪感を感じている様子が無いことでした。
私たち日本人は、食べ物を残すと罰があたると言われて育ちましたから、そういう場面を見るのは胸が痛みます。
脂肪分が少なく、健康的で美味しい日本料理の作り方を教えてあげるのと同時に、食べ物を必要以上に作らない、そして残したら捨てること無く、持ち帰るようするなど、食べ物を大切にする日本文化を伝えたいと思います。

Copyright (C)2017留学したら伝えたい日本文化.All rights reserved.